■青木美歌 特別展示「Infinity Pollination」■銀座・東急プラザ7階

ニューヨークでお会いしてから4年
コロナを経て、一時帰国された
映画プロデューサーHさんと
青山の一軒家リストランテ Etruschi で
夜6時のディナー予約。

それまでの時間に
銀座・東急プラザ7階で
現在開催中のガラス作家・青木美歌
特別展示「Infinity Pollination」へ。

2017年の銀座ポーラミュージアムアネックスで
開催された個展で繊細で美しい生命を感じる作品に
魅了され…また彼女の作品に出逢えた幸せ。

青木美歌1.JPG

青木美歌 特別展示「Infinity Pollination」
〜花と蜂のパラレルな生の循環、花粉交配にまつわるオブジェ〜
2021年12月3日(金)〜12月29日(水) 11:00~23:00
東急プラザ銀座 NewsPicks NewCafe
東京都中央区銀座5-2-1東急プラザ銀座7F
070-3765-9571

蜜蜂による植物の受粉、その花から採取された蜜で育つ新しい蜂の命。無限に繰り返される生の循環。花と巣を行き来する蜂に想いを寄せ、美術作家の青木美歌が制作した30の繊細なガラスのオブジェを展示、販売する展覧会を開催します。
会期中、NewsPicks NewCafe(東急プラザ銀座 7F)では、Maison de i-beeのTA45+のジャラハニー(西オーストラリアに自生する木、ジャラの花から採取した希少なハチミツ)を販売するほか、ジャラハニーを使った特別メニューも提供します。
1 つ1 つ緻密に作られた透明なガラスで造られた幻想的な世界を是非、ご堪能ください。

d88173-1-64ba77fa1981fe7786d2-0.jpg

会場から・・・
〇藥 葯から解き放つ↓〇薬 葯から解き放つ.JPG

Spring has come
初めての開花を発見する↓Spring has come 初めての開花を発見する.1.JPG

From flower to flower
花へ向かう途中にすれ違う↓From flower to flower 花へ向かう途中にすれ違う.JPG

Invisible thread
ビジン系に守られて旅支度↓Invisible thread ビジン系に守られて旅支度.JPG

mika 5.JPG

mika6.JPG




d88173-1-0dc8bb5c570f114ae64e-4.jpg
★⻘木 美歌 (あおき みか)
武蔵野美術大学卒業後、ロイヤルカレッジオブアート修士課程修了。主にガラスを素材として、菌類や細胞のように目に見えないミクロの世界の生命の繋がりを表現。アイスランド留学後は、大地や宇宙などマクロな世界の有機的な繋がりにも関心を拡げている。主な展覧会に「あなたに続く森」(2017年ポーラ ミュージアム アネックス)、「野生展:飼いならされない感覚と思考」(2017年 21_21 DESIGN SIGHT)、「生命の庭-8人の現代作家が見つけた小宇宙」(2020年 東京都庭園美術館)などがある。
公式サイト:http://www.mikaaoki.jp/

個展
2017年「あなたに続く森」(ポーラミュージアムアネックス/銀座)
2010年個展(スパイラルショウケース/青山)
個展(PLSMIS /青山)
2009年個展 (もりもとアートギャラリー / 銀座)
個展 (日比谷パティオ / 日比谷)
2008年個展(savoir vivre / 六本木)
2007年個展(09' / mitateギャラリー /西麻布)

グループ展
2017年アートのなぞなぞー高橋コレクション展 / 静岡県立美術館
野生展:飼いならされない感覚と思考 / 21_21 DESIGN SIGHT / 六本木
2016年夢に見る空き家の庭の秘密展 (AL / 恵比寿)
2015年YOUNG & LOVING2015 (S12ギャラリー /ノルウェー)
Within Light/Inside Glass (ヴェネチア)
2014年高島屋幻想博物館展(高島屋美術画廊)
2013年COLLECT (Saatchi Gallery /ロンドン)
FROM THE KILN-窯の中から- (スパイラルガーデン/青山)
2012年六本木アートナイト(六本木ヒルズ)
ISETAN 彩り祭(新宿伊勢丹)
2010年BIWAKO ビエンナーレ ('12 '14 '16 / 滋賀県近江八幡)
手数系 (AKIgallery/ 台北)
夜の庭展(59RIVORI-AFTERSQAT/Paris)
2009年アートフェア東京 ('10)
丸沼芸術の森展(09' ~15' / 埼玉県)
シブヤスタイル展(渋谷SEIBU)
2008年第11回岡本太郎現代芸術賞展(川崎市岡本太郎美術館)
2007年Born In HOKKAIDO 展(北海道近代美術館)


青木美歌さんの美しい幻想的宇宙を感じながら・・・
地下鉄に乗って青山のリストランテ・エトゥルスキへ。

日本に到着後も両国のビジネスホテルでの
狭い部屋でどこにも動けず、冷たい食事の日々の
隔離期間を経て、自由を得た彼女、
この日、目にも美しく豊かな味わいのディナーを…

大地への敬意 
野菜のヴァリエーション↓大地への敬意 野菜のヴァリエーション.JPG

野菜のバリエーション
すべて新鮮野菜だけでスープに↓野菜のバリエーション.JPG

サバのマリネ 花良治と菜花↓サバのマリネ 花良治と菜花JPG

パンとオリーブオイルと塩(イタリア産)
フレッシュなオリーブオイルのみずみずしさに感動↓パンとオリーブオイルと塩(イタリア産).JPG

香味野菜と自家製ソーセージ↓香味野菜と自家製ソーセージ.JPG

白子のソテー カブのピュレとアンチョビーの香り
ふわっと調理された白子にアンチョビの風味が絶品↓白子のソテー カブのピュレとアンチョビーの香り.JPG

タリエリーニ ウサギのラグーソース(パスタ料理}↓タリエリーニ ウサギのラグーソース.JPG

白トリュフのリゾット.
持っちりとした触感の濃厚なリゾット↓白トリュフのリゾット.JPG

鹿のロースト 山葡萄とラディツキョ赤ワインソース
鹿肉の風味を残しながら洗練された料理で感動↓鹿のロースト 山葡萄とラディツキョ赤ワインソース.JPG

宝韶寿レモンのタルト 瀬戸内の情景↓宝韶寿レモンのタルト 瀬戸内の情景.JPG

カフェと小菓子↓カフェと小菓子.JPG

コロナを経て再開できたうれしさ
積もる話が尽きない夜
またいつか彼女の新しい住まい、
ブルックリンでの再会を約束して・・・

🎄ツリーカルティエ.JPG
🎄ツリー カルティエ2.JPG

青山・表参道に灯されたケヤキ並木と
カルティエのクリスマスツリー
もうすぐ1年も終える2021年12月の夜。

この記事へのコメント

木の葉
2021年12月16日 16:03
こんにちは。
凄い作品ですね! 繊細な硝子の作品、素敵です!
こういう事も出来るんだと思ってしまいました。表現にも本当に色々ですね。

そしてお食事が素敵! いや~、このようなお食事もあるんだと改めて知らない事がたくさんだわと思います(笑) 器といい、食材といい、盛り付けも芸術です。
komichi
2021年12月16日 19:33
木の葉さん、こんばんは!
2017年の銀座ポーラミュージアムアネックスで開催された青木美歌さんのこのガラスの作品たちに魅了され、今回また銀座で見ることができてうれしいです。
ガラスという素材を使っても様々な表現の仕方があって、まったく違う作品が生まれますね~☆

4年ぶりに会えた30年来の仕事を通じた友人で
今も現役でニューヨークで映画プロデューサーをされています。
今回も日本でドキュメンタリー映画のことで一時帰国されて
久しぶりの楽しい時間を過ごしました。
今私が一番気に入っているリストランテにご案内しました。
とても喜んでくれて、よかったです~☆
2021年12月17日 21:13
⻘木 美歌さん、お若いのにすごい経歴と才能ですね。
その繊細さに圧倒されます~

komichiさんのブログで最先端で洗練された料理を拝見し
こういうメニューもあるんだと興味深々で見ています。
さすが、リストランテですね~
komichi
2021年12月18日 16:08
白いねこさん、こんにちは!
4年前、銀座のポーラアネックスで初めて見た時から
ファンになりました~♪
生命の源を探るような繊細なガラス作品、
エレガントな佇まいとともに、才能あふれる人だと
想い眺めました~☆

こちらのイタリアン リストランテ「エトゥルスキ」は
コロナになってから見つけたリストランテです。
友人とランチをするのに、空間が広く風の抜ける
一軒家でインテリアも素晴らしく安心。
お料理も野菜もおいしく、店内で若いスタッフが
素敵なサービスでもてなしてくれます。
今回はディナーになり、メインのジビエ料理で
ワイルドな肉をエレガントに表現され絶品でした。
2021年12月19日 11:46
今年も残り僅かになりましたね。
青木美歌さんの個性的なガラス作品展、
思わず見とれてしまいました。
タイトルに「花」とあっても、普通
よく見られる花柄のデザインは一切無し。
雄しべの葯であったり、生命の源を感じさせる
不思議な造形に目を見張る思いです。
繊細な透明ガラスが、命の神秘を物語るようで…。
新しい年が穏やかなものであるといいですね。
komichi
2021年12月19日 12:18
yasuhikoさん、こんにちは!
以前個展を見た時から、青木美歌さんの表現に感動し
今回の個展でも、その繊細な美しさに見とれました~☆
彼女の興味が深いところにあって、その表現が独特で
魅力的な作品を生み出しています。
ラジオででのインタビューで語っていたことも
やはり命の源への眼差しでした。
新しい年が穏やかで健やかな年でありますように…と、願っています。
2021年12月19日 19:57
青木美歌さん、まだお若そうですが、独特なガラス作品に才能があふれ出しているような感じがします。ガラスの反射が様々な光を発していて眩しくも美しい。
ガラスなのに柔らかい風合いも特徴的ですね。
特別展示「Infinity Pollination」、素晴らしかったと思います。
そして、ディナーも芸術作品のよう。
こんなイタリアン、見たこともありません。
それぞれ、味わい撮影する価値がありますね。
komichi
2021年12月20日 21:10
ミクミティさん、こんばんは!
青木美歌さんのガラス作品には命の細胞のようなものが
つながっている美しい風景にも感じます~☆
炎の中から生み出される彼女の作品はほんとうに
美しい生き物のようでもあります。
長くニューヨーク暮らしの彼女にとって
この日のディナーの繊細な表現と味に感銘を受けていました。

この記事へのトラックバック