★四国アート旅★直島から2・・・

観るたびに新たな発見のある地中美術館を後に
車を地中美術館の駐車場に置き
15分くらい歩いて李兎煥(リ・ウファン)美術館へ。

リウファン1.jpg

海に面した芝生の庭には立体表現の作品たち
リ・ウファン1.JPG

リ・ウファン2.JPG

リ・ウファン4.JPG

リウファン室内.jpg

リウファンの哲学を眺めるような作品に心鎮まる。
向かい側に新たに出現した、ヴァレーギャラリーへ。
まだ途上の森の若い花木たち、その地に置かれた
小沢剛の《スラグブッダ88-豊島の産業廃棄物処理後のスラグで作られた88体の仏》
バレー1.JPG

草間彌生の1966年ヴェネチア・ビエンナーレで
世界的に注目を集めた記念すべき作品の展示▽
バレー作品.JPG
バレー3.JPG

バレー4.JPG

バレー5.JPG

バレー6.JPG

ヴァレーギャラリーを後に
車でベネッセハウス パークにある
杉本博司ギャラリー 時の回廊へ。
ベネッセハウスパークは知っていましたが、ここが
今年開館した杉本博司のギャラリーとは気づかず
夕暮れ近くにやっとたどり着くことに・・・💦
友人と二人だけの貸し切りのギャラリーで

入り口の蔦の秋色がきれい▽杉本博15.JPG

杉本博1.JPG

杉本博2.JPG

杉本博3.JPG

杉本博5.JPG

杉本博6.JPG

杉本博13.JPG
杉本博12.JPG

杉本博7.JPG

杉本博9.JPG
杉本博8.JPG

杉本博11.JPG

杉本博14.JPG

杉本博司のミラー作品で記念撮影▽杉本博庭.JPG

杉本博10.JPG

ベネッセハウス パーク、次回直島に行ったら宿泊したい場所となりました。

直島から高松への最終フェリーに乗って・・・
フェリーから柔らかな夕暮れの空と海▽直島フェリー1.JPG
直島フェリー2.JPG
直島フェリー3.JPG

一路高松の港から少し離れた丘の上のホテル
ザ・チェルシーブレスへ。

ニューヨークのスタイリッシュなホテルのよう▽チェルシーブレス1.jpg
サービスでアップグレードしてくださったツインの部屋▽チェルシーブレス3.jpg
★THE CHELSEA BREATH(ザ・チェルシーブレス)
 https://www.the-chelseabreath.jp/
 〒761-1705 香川県高松市香川町川東下1878

ホテルに急いでチェックインしてからタクシーで街へ向かい
Uさんと待ち合わせの「猿の手」へ。
何年もブログを通して友人のUさん、
この日の予定を調節していただいて合流
あっという間の短い時間でしたけど、楽しかった。

翌日は徳島県の秘境と言われる祖谷温泉へ・・・


この記事へのコメント

2022年11月25日 23:19
直島に行かれたんですね。
いや、素晴らしい。これほどアートが
似合う場所は、なかなか無いような気がします。
中でも、李兎煥美術館は魅力的ですね。
この広々した空と海の空間は、彼の作品を
よけい印象的に見せてくれるように思いました。
2022年11月26日 10:20
yasuhikoさん、こんにちは!
直島はベネッセと建築家・安藤忠雄とがしっかり計画を立てて
とりかかったアートと自然の融合場所になっていて
ほんとうに素晴らしいところです~☆
世界中からたくさんの人がここに来ることが納得の美しさです。
李兎煥美術館は広い敷地に彼の作品が点在し、彼の思考を感じさせてくれます。
コンクリートの建築内部は絵画が主に置かれていて、外と内の表現の
コントラストも楽しめます。